ギャンブル依存症を抜け出すための具体的戦略第2回です。
前回は成功のハードルをとことんさげようというお話をしました。
こちらもぜひ読んでください。

ギャンブル依存症を抜け出すための具体的戦略その2

やりたいことをやってみよう

ギャンブル依存症を抜けだすための具体的戦略その2は


やりたいことをやってみよう

です。


突然ですが
やりたいこと、やってますか?


もちろんギャンブルもそうです。やりたいことのひとつに入るかもしれません。
では、そのほかにやりたいことはありますか??

ギャンブル以外にもたくさんやりたいことがあった昔の僕

ぼくはギャンブル以外にもやりたいことがたくさんあったはず・・・なんですが、
いつも給料日になると頭の中はお金のことばかり。
「あれもこれもやりたい」
「でもお金が減るのは嫌だな・・・」
「そうだ、お金増やしてからやりたいことやればいいんだ!!!」


これがパチンコ屋の罠だとも知らずに・・・
毎月毎月給料日になると、ぼくの足はパチンコ屋へ向かっていました。
これを読んでるあなたは、このあと結果がどうなるかおわかりですよね。
・お酒飲みたい
・女遊びをしたい
・そもそも給料が安いからたくさん遊ぶのは無理
・お金に限りがあるから、増やしてから遊ぼう。増えなかったらあきらめよう

そんな思考の元ギャンブルをしていた僕は、毎月毎月給料を使い果たし、給料日の1週間前には
「あと500円で1週間過ごさなきゃ・・・」

そんな生活ばかり送っていました。

やりたいことはあるはずなのに・・・
もっともっと人生をよくしていきたいのに・・・
いつもギャンブルでお金を使い果たしてしまうために、
毎月の生活は空回り。
やりたいことを我慢する生活は続いていきました。

やりたいことをはじめてみたはいいものの・・・

毎月毎月、あまりにもバカな行動をとってしまうので、もうこりごり。
やりたいことをやるために、ギャンブルからなんとか脱出しようともがきはじめました。

最初に運動の習慣を身に着けようと、ジムに通い始めました。
運動中は心地よい疲れで気分も良くなりました。
しかし、24時間運動しているわけではありません。
ジムから一歩外へ出ると、またしてもギャンブルの誘惑がぼくを襲ってきます。

「お金を減らしたくない・・・お金を減らしたくない・・・大事なお金なんだから」

そのように考えれば考えるほど、ぼくのお金はパチンコ屋へと消えていきました。
次第にやりたいことも
「お金が減ってしまうから」
という理由にどんどん避けるように。

最後には何にもやりたくなくなってしまいました。

やりたいことは、ギャンブルの勝ち負けに左右されてはいけない

ギャンブルがやりたいことの中に入っていると、毎月の生活はいつもギャンブルに左右されることになります。
もちろんたまには大勝ちすることもあるかもしれません。
友達に気前よくおごったりするのは、とても気分がいいものです。

しかしギャンブルを続けていくと自然と負けが増えていきます。
・負けるのが辛い。
・お金がなくなってしまった。
・お金を取り戻したい。

こうなると、どんどん思考が凝り固まっていってしまいます。

友達との約束の前にパチンコ屋へ入って、お金を使い切ってしまった。
「ごめん、今日やっぱり遊べない」

何度こんな連絡をしたことか。
もううんざりです。

常にやることで、忙しくしていよう

このような嫌な経験がぼくの中にたくさん残っているので、
それを振り払うかのようにジムでの運動にどんどんのめりこむようになりました。
疲れ切っていればギャンブルをやりたいと思うことも、やる暇もなくなるからです。
ジムでのスタジオプログラム、集団レッスン、パーソナルトレーニング、
いろんなことにどんどんチャレンジしていきました。

気が付くと
パチンコ屋へ通う日々が、毎日通っていたのが週1、2回へと減っていったのです。

「あ、暇だな」
こう感じると自分の中に魔物が襲ってきてしまいます。
やりたいことをやって、忙しくしているというのがギャンブルから抜け出すための手がかりになるでしょう。

やりたいことをはじめるための簡単なステップ

やりたいことって特にないんだけど、どうやって見つけたらいいの??
そんなあなたも、やりたいことがないわけじゃないんです。
やりたいことがないと思う方のほとんどは、ギャンブル依存症によって感覚がマヒしているだけです。
ギャンブルによってお金のない日々を長い間過ごしてしまっているために
やりたいことが出てきたとしても、
「どうせお金がないから・・・」
とブロックしてしまっているんです。

1.やりたいことを紙に書き出す

まずはやりたいことを紙に書き出してみましょう。スマホでもいいです。
思いついたことをどんどん書き出してみましょう。
ここではできるかどうか、お金が必要かどうか、だれかに批判されないかどうか、
など気にする必要はありません。
とにかく、自分が思うがままに書いていってみましょう。

2.お金をかけずにはじめる

書いたものの中から、お金をかけずにはじめられそうなものをいくつかピックアップしてみてください。
初期投資が必要なものだと、どうしても尻込みしてしまいます。

さらに。
ギャンブル依存症の人は、
「お金を使いたくない。お金を増やしたい。」
このような気持ちがあるので
やりたいことをはじめる初期投資のために再びギャンブルに手を出してしまいます。

やりたいことをやるためにお金が必要だから、そのお金をギャンブルで確保する。
これが悪循環を生んでしまっているんです。
まずはお金をかけずにやれることからはじめてみましょう。

3.すぐにやめてOK!無理して続けようとしない

新しいことを始めるのに尻込みしてしまう人がいます。
「どうせ続かないし・・・」
「すぐに飽きちゃうし・・・」
こんな理由で、新しく始めることすらやめてしまうのです。


続けようとしなくていいです。
つまらなかったらやめていいです。

新しいことやってみると、意外とあれもやりたいな、これもやりたいな・・・
いろいろ出てくると思います。
携帯を乗り換える感覚と一緒です。気軽でいいんです。
飽きたら新しいものに乗り換えればいいし、
そうやっていろいろ手を出したもののなかから自分の好きなこと、楽しいと思うものが見つかっていきます。

やりたいことは、やってみなければ一生見つからねぇよ?
これを読んだあなたには、いろんなものに手を出して
どんどん飽きてほしいなと思います。

まとめ

ギャンブル依存症から抜け出すためには、何か別のことをやる必要があります。
今いる世界から一歩踏み出さなければなりません。

「やりたいことをやってみよう」
「そしてどんどん飽きよう」

ぜひ依存症から抜け出すためのヒントにしてください。

フォローしてください!

おすすめの記事