ぼくは任意整理をして、借金を整理しました。
以前のぼくは利子の支払いに追われ、毎月毎月利子だけを返済することが精一杯。
いくら払っても元本は減らず、困っていました。
さらに追い打ちをかけてとある電話が。
「追加で融資が受けられますよ!」

それは消費者金融からの電話でした。
利子だけでも何年も払っていたから信用が蓄積されていったのでしょう。
少し生活費が足りなくなると、この甘い罠に誘われて、消費者金融でずるずると借金を重ねてしまいました。
ある時、もう限界!
となって爆発しました。
全部リセットしてやり直そうと、任意整理をして一からやり直すことを決意。
ぼくが実際に任意整理をして良かったこと、得したことをまとめました。

任意整理すると何が得なの?ぼくが感じた6つのメリット
・無利子でお金を借りたことになる
・督促がすぐにストップする
・手間がまったくかからない
・返済するお金はすべて元本にあてられる
・職場にもバレない(身内にも)
・生活の建て直しができる

ひとつずつ順番に解説していきます。
任意整理にはどんなメリットがあるのか知りたい!
という方は読み進めてください。

無利子でお金を借りたことになる

借金をする際には利子が発生します。基本的に、一部の特待生を除いて奨学金にも発生します。
利子は自分が受け取る側であれば、毎月放っておいてもお金が増えていくのでとても頼もしい存在。
しかし支払う側になった途端に、利子はあなたに牙をむきはじめます。

返しても返しても、ちっとも借金が減らない・・・。

こういう状態になっていくのです。

任意整理をして、利息をカットすることに成功しました。
返済が終わるまであと3年ほどかかりますが、その間利子は一切かかりません。
これは実質無利子で借金したことと同じになります。

督促がすぐにストップする

任意整理の手続きをはじめるときは、まずはじめに弁護士や司法書士が受任通知、介入通知というのを貸主に提出します。
受任通知というのは、借金の返済に関する相談を弁護士や司法書士に依頼しましたというものです。

受任通知の簡単な内容
〇〇さんの借金については、私たちが受け持つこととなりました。
今後は私たちを通じて話し合いをしていくことになりますのでよろしくお願いします。

担当弁護士 □□

これがあると、貸主は借りた本人(あなた)に直接連絡・督促ができなくなります。
つまり督促がストップするのです。
何度も自宅に返済督促の郵便物が送られてきたり、
携帯電話や職場に電話がかかってきたりということがなくなります。
怯えずに安心して生活することができるようになりました。

手間がまったくかからない

借金の返済に関する相談は、すべて担当の弁護士や司法書士があなたの代わりに行ってくれます。
あなたがやることは担当の先生と打ち合わせをすることだけです。
ぼくが弁護士事務所に足を運んだのは3回。

・現状の悩み事の相談。契約。
・返済プランの打ち合わせ
・返済プランの最終決定

任意整理をすると以前していた借金についての契約はなくなり、(利息何%で返済していきますという契約)貸主とあなたのお互いが合意の上で毎月返済していく契約を、新たにしなおすことになります。この契約書に再度サインをするのは郵送で済みました。
こうやって書くと身も蓋もないですが

あっけなく終わった

というのが正直な所です。
主な打ち合わせ内容としては、
・現状で毎月いくらずつ返済できるのか?(可能な金額)
・いくらずつ返済していきたいのか?
・返済をいつ頃終えたいのか?
(大体3年~5年が目途になります)
このような内容を弁護士の先生と話し合い、こちらの意見を先方に伝えてもらいました。
これ以外は何もしてないので、ずいぶんあっさりと終わりました。
特に消費者金融では貸す側も任意整理の手続きには慣れているので、あなたは何も気にせずに進めていきましょう。

返済するお金はすべて元本にあてられる

任意整理をしてから1年以上になりますが、借りている元本が毎月毎月減っているのが手に取るようにわかります。
任意整理をする直前は、支払いに困っていて、借金の利子しか払っていませんでした。毎月減らない元本に落ち込んで、「お金がないからなんとかせねば」という気持ちでギャンブルに走ってしまったり、現状から逃げたい気持ちで、許容範囲以上にお酒を飲んで我を忘れようともしました。

実はいま現在返済にあてている金額は、以前払っていた利子と同じ金額なのです。

まったく返済に無理をしていませんし、以前と同じ金額にも関わらず毎月借金が減っているのは本当にありがたいなと感じています。
任意整理をして良かった。

職場にもバレない(身内にも)

自己破産をすると官報という国の発行している機関紙に住所や氏名などの個人情報が載ることになります。
>>>官報はこちらから見ることができます。
この官報に載っている個人情報を悪用して、法外な金利でお金の貸付などをしている業者もいるそうです。
誰かが意識して見ない限り探されることもないでしょうが、仕事や生活に支障が出るという人もいるかもしれません。
任意整理であれば、このような公式の場に名前が出ることは一切ないので、職場にもばれる心配がありません。
自分から打ち明けない限り、家族にもばれません。

職場に連絡が来たらどうしよう・・・などと心配していましたが、そういったことは一切ありませんでした。

生活の建て直しができる

任意整理をすると、返済開始までの何か月かは返済する金額も確定していない状態が続きます。
返済開始までのこの間は、1円も返済しなくて良いです。

ぼくの場合は、任意整理の依頼をしてから、返済開始まで4か月かかりました。
返済がストップするので、今まで返済にあてていたお金が余るようになりました。
余ったお金はわずかながら貯蓄に回すことができました。
ぼくは20代前半で借金を背負ってずるずると過ごしてきてしまったので、
いままで貯金をできたことが1度もありませんでした。

少しの期間でも返済がストップすることで、心を入れ替えて、
貯蓄ゼロ、借金地獄からの生活を抜け出すきっかけになりました。

おわりに

任意整理をすることによって、ピンチを脱出することができました。
まずは専門家に相談することが、あなたを窮地から救い、人生をやり直すきっかけにつながります。

>>>弁護士に無料相談する(土日対応、全国対応)

フォローしてください!

おすすめの記事