毎月積み上がっていく利子、増えていく返済金額、消費者金融からの督促通知、見るのも嫌ですよね。目をそらしたくなるはずです。20代のぼくは借金から目を逸らし続けて生きてきました。消費者金融から届く明細は、封筒が届いてもあけることなくそのままゴミ箱へ捨てていました。

借金について悩みまくって、いろんな方に相談しました。
いまでは確実に毎月元本を減らし続けて返済することができています。

今回は、これ以上借金を増やさない方法について解説していきます。

借金を増やさないためのコツは

自分の意思に頼らないこと

自分の意思に頼らず、借金しないための仕組みをつくることです。
借金で首が回らなくなってしまう前に、ぜひとも読むことをおすすめします。

借金したくでもできないようにする

借金をしないために大切なことは、借金をしたくてもできない状態にするということです。
借金できる状態だから、借金が増え続けてしまうのです。

・借金を減らしたい!
・ちゃんと向き合って返済するぞ!

そう誓ったその日から、借金できない状態を作りましょう。

人間は意思の弱い生き物です。
いま現在借金に困っている状態というのは、あなたが望んで、借金したくて、なりたくてなった状況ではないはずです。

「借金しないようにするぞ!」
と何度も決意して、心に誓って、やろうとしたにも関わらず、いままで借金を繰り返してきてしまったのではないでしょうか。

あなたは悪くないです。自分が意思の弱い人間であることを悪く思う必要はありません。

最初の一歩は、自分は意思の弱い生き物なんだという事実を認識することです。
そのうえでどうしていくのか、具体的な策を実行に移していきましょう。

クレジットカードを使わない

クレジットカードも借金のひとつです。クレジットカードがあれば手元にお金がなくても好きなものを買えてしまうので、目の前の欲求に打ち勝ち、我慢できる人は少ないです。

我慢できる人は、借金してないですからね。

クレジットカードがなければ、借金はできないはずです。
意思に頼らず、クレジットカードを使わないための仕組みをつくりましょう。

クレジットカードにははさみをいれてしまおう

「借金とちゃんと向き合おう。」

ぼくは毎日借金のこと、利子のことを考え続けて鬱状態になりました。これ以上借金に苦しみたくありませんでした。借金と向き合ってなんとかしようと、そう誓ったときにクレジットカードにはさみをいれて、カードを使えない状態にしました。

こうやって言うと聞こえはいいですが、実際は弁護士の先生にはさみで切ってもらいました。
あまりにも切ない出来事で、ちょっと涙が出そうになったことを覚えています(笑)

効果は絶大で、ぼくはこの出来事以来、一切クレジットカードを使わない生活をすることができています。
物理的にカードが使えない状態になるので、カードがあると使ってしまう!という人ははさみで切ってしまうと良いでしょう。自分でできない人は、家族や友人に切ってもらいましょう。

消費者金融のカードにもはさみをいれよう

もし消費者金融からローンを組んでいるという人がいれば、こちらのカードもすぐにはさみをいれてしまいましょう。
カードが使える状態というのは、いつまでもずるずる借金を続けてしまうことにつながっていきます。

困った時に、カードが使えない状況であれば、なんとかするしかありません。
カードが手元にあって、いつまでも借金できる状態というのが、あなたをローン地獄へ追い込んでしまっている元凶です。

足りないお金を借金で埋め合わせする行為は断ち切りましょう。

借金をこれ以上増やしたくない方は、デビットカードがおすすめ

とはいえ、いきなりクレジットカードが全く使えなくなってしまうのは不便ですね。
VISAやMasterが使えないとAmazonや楽天でも買い物できなくなっちゃうし・・・

そのように思う方もいるのではないでしょうか??
そんなあなたは、デビットカードでの決済がおすすめです。

デビットカードであれば
・クレジットカードと同様にネットショッピングができる
・口座残高以上の買い物はできない
・ポイントもついてくる

このように、借金をせずにクレジットカード同等の機能を持たせることが可能です。
最近は利用者が増えているので、それにともないサービスも充実してきています。

ハピタスというサイトで定期的に、デビットカードをつくるだけでお得に現金をもらうこともできます。
ぜひチェックしてみてください。

ハピタスをチェックしてみる

家族や友人の手助けを借りよう

人間は心がとても弱い生き物です。1人で借金に向き合うのは、長く苦しく、辛い闘いが続きます。耐えきれないかもしれません。

もしも再び借金してしまいそうになったら、遠慮せずに家族や友人に助けを求めましょう。借金している現状を伝えるのはとても勇気のいることです。恥ずかしい思いをする人もいるかもしれません。しかし、「借金にだらしない状態から脱出したい」あなたがきちんと伝えれば、その気持ちは必ず伝わるはずです。助けてくれる人も出てくるでしょう。

もし借金しそうになったら止めてくれ。借金と一人で戦うのはやめましょう。

任意整理をすればこれ以上借金が増えるのを食い止めることができる

もし、強制的に借金を増やさないための仕組みを作りたいということであれば、任意整理をすることがおすすめです。

はさみを入れてしまったカードは再発行すればまた借金することができますが、任意整理をすれば、もしこれ以上借り入れをしたくてもできなくなります。

さらに今後の返済の利子もカットされ、完済への近道となります。

おわりに

今回はこれ以上借金を増やしたくない方のためのヒントをお送りしました。

ぼくは何度も何度も「借金をしないようにするぞ」と決意を新たにしては、同じ数だけ失敗を繰り返してきました。
うまくいかなかった原因は、意思に頼ってしまっていたからです。
意思の力に頼らず
借金を増やしていく原因にスポットライトを当てて、
借金を増やさないための仕組みを構築することです。

多くの人が借金を繰り返してしまうことの大きな原因は
「借金できること」

これが影響しています。
違うのは人によってはクレジットカードだったり、銀行のローンだったり、消費者金融のカードだったりするわけです。
これ以上借金を増やさないようにするためには、まずは借金できる状況から抜け出すのが得策といえるでしょう。
カードにはさみをいれるのは勇気がいると思いますので、できたら家族や知人に協力してもらって先へ進んでいきましょう。

フォローしてください!

おすすめの記事