任意整理の手続き中は、督促がストップし、支払いの義務からも一時的に解放されます。

つまりまるまる給料が使える状態。

やったーーーー天国だ!ギャンブルし放題だ!

毎月給料日と同時に消えていた借金の返済もなくなり、
使える金額があるわ。あるわで

給料が増えた気分に。

すっかり有頂天になったぼくのお金は、

見事にパチンコ屋に吸い込まれることになりました。

同じ失敗を繰り返さないためにも、

任意整理手続き中の過ごし方はとても大切です。

再起を図るタイミングなんだと、自分に言い聞かせましょう。

ぼくはギャンブル三昧でした・・・(反省)

任意整理が始まって、督促からも支払いからも解放されました。

すると計画性のないぼくはどうなるか・・・。

ギャンブルから遠ざかろうとジムで運動。
すると、その帰りに罠が待っているんですね。

返済がないからお金使っちゃってもいいか。
自分で稼いだお金だし、問題ないかな。
トイレだけ借りてなにもせずに出てくればいっか。

こんな軽い気持ちのもと、ぼくのからだはパチンコ屋へと吸い込まれていきます。

結果は承知の通り、すっからからん(笑)

なんと愚か!反省してないのか!
すみません、正直に話すとこういう結果になってしまうから、どうしようもない。

とほほ。

でもね、やりたくてやってるわけじゃないんですよ。

これを書いているのも、二度と同じ過ちを繰り返さないために、
前進していこうという気持ちのあらわれなのですから。(言い訳)

ちくしょおおおおお
任意整理して運がよくなるかと思ったら、ちっともよくならないぜ。

なんて考えを持つのはやめましょう。
あなたはダメですよ!真似しないでくださいね!

1ヶ月分の貯金で、あなたの生活は一変します。

任意整理中のお金は、好きに使っていいんですが・・・
もちろん好きに使っていいわけではありません。
強制はありませんので、自分達の手でなんとかするしかありません。

これを機に、有り金全部使ってしまう生活から、
貯金体質に変えていきましょう。

ギャンブル依存症が抜け出せないのは、
お金にゆとりがないことが原因です。

来週生きていくお金がない。
お金を増やさなきゃ。なんとかしなきゃ。
この切羽詰まった状態があなたをギャンブルへと向かわせてしまいます。

ぼくがギャンブルから少しずつ離れられるようになったのは、
1ヶ月分の給料が貯金できた頃からでした。

せっかく貯めたお金を使うの、もったいない!絶対嫌!
mottainai!omotenasi!

ってなったんですよね。

そのせいでけちんぼになってくわけなんですが・・・。

とにかく、任意整理の手続き中で、借金を支払う必要がない、
生活にある程度ゆとりが持てるいまがチャンスなのです。

1ヶ月分の貯金を目標にがんばってみましょう。

依存症を克服するには、協力者の存在が必要不可欠です。

人間の意思って弱いんです。
あなたの意思が弱いんじゃなくて、あなたが悪いわけでもなくて、
パチンコ屋へと足が向かってしまう状態そのものに問題があるんです。

一人でいるとパチンコ屋へ行ってしまうわけですから、
他人と過ごす時間を増やすこと。
家族や恋人などの大切な人と過ごす時間を増やしましょう。
そして貯金にも、協力してもらいましょう。

あなたが貯金をがんばりたい!という気持ちを否定する人はいません。
みんな応援してくれるはずです。

一人で問題に取り組もうとしない。
いままで何度もやめようと思って、苦しんできたはずです。

それでダメだったんですから。
周りの人に遠慮せず、甘えちゃいましょう。

今後の計画をたてよう。

もちろん甘えるだけではなく、今後の計画をたてることが大切です。

任意整理の手続き中は、充電期間。

ギャンブル依存症を克服して、新しい人生をスタートさせるための

大切な充電期間です。

再スタートの準備をきっちりとして、

浮上していく良いきっかけにしましょう。

任意整理手続き中は督促も、支払いもストップします。
チャンス!まさに・・・千載一隅のチャンス!
パチンコやるチャンスじゃないですよ。
 
依存症は必ず克服できます。再出発するのです。

フォローしてください!

おすすめの記事