ダイエットしたい!

100億回は決意し、同じ数だけ挫折しているであろう人類永遠のテーマです。
太っては痩せるたびにいろんな知識を学んできました。
そんな中で身についた結論が

ダイエットはボディビルダーに学ぶべき
だということです。
なぜなら彼らは減量のプロだから。

あんなきわっきわの海パンなんか履きたくねーし。


そこまでストイックにやる必要はありませんが、
彼らは確実に減量を達成しているダイエットのプロ中のプロです。
ボディビルダーの持っている知識を吸収しておいて損することは一切ないといえるんじゃないでしょうか。

今回はそんなダイエットのプロが語るダイエット論。

ダイエットに必要な知識はこの1本に詰まっている

それくらい有益な動画を紹介したいと思います。

脂肪を落としたい方、必見です。

スポンサーリンク

ぼくのダイエット体験

ぼくの最大の成功体験は去年に体脂肪率を10%以上落とし
22%⇒10%まで到達。


そして半年後、、、
調子に乗って、リバウンドしました。


理由はコンビニの廃棄弁当をドカ食いしていたからです。
1食2個も食ってりゃそりゃ太るわ。
焼きそばにカルビ弁当とか、豪華な組み合わせばかりチョイスしていました。


現在は安定期、15%~18%くらいを行ったりきたりしています。
リバウンドした時に何度も見たのがこの動画。
この格好いい腹筋してる人に教えてもらえたら、説得力ありますよね。
以来加藤さんのトレーニング動画をひたすら見てます。
今回紹介している動画以外にも役立つ動画がたくさん。
ダイエットしたい方や筋トレを効率的に行いたい人はぜひチャンネル登録をおすすめします。

体脂肪は1kgあたり約7200キロカロリーある

体重が増えたり減ったりするのは

・食事により摂取するカロリー
・生活や運動などで消費するカロリー

この摂取カロリーと消費カロリーの関係にあるようです。
10キロ太ってしまった!という人は
72000キロカロリー余計に摂取してしまった。
ということになります。
数字に見ると絶対そんなに食べてない!
と思ってしまいますが、
知らず知らずのうちに私達は、、、食べています。
日々の積み重ね、恐るべしです。

メモする

たまにコメントをくれる奥さんの声に癒されますね。
自分が食べた食事内容をメモするというのは効果的なようです。

無理をしないペースで確実に体重を落とそう

ダイエットは時間をかければかけるほど有利です。
現実的なペースとして1日200キロカロリーほどマイナスな状態を目指しましょう。

お茶碗小盛り1杯分約150gで200キロカロリーになります。



200キロカロリーというのはお茶碗に小盛りのご飯1杯分。
毎日目の前のご飯をお代わりするかしないかで
私達の未来の運命が決まります。

体重×1グラムのたんぱく質を摂取しよう

カロリーも大事ですが、ボディビルダーの加藤さんは毎日摂取カロリーを記録しているわけではないそうです。
それよりも食事はPFCバランスが大事ということです。

私たちの健康を維持していく上で、栄養バランスを考えた食事がとても大切になります。特にエネルギー源となる三大栄養素、タンパク質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の頭文字をとった、PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。



筋トレをして筋肉をつけたい方はたくさんタンパク質を取ったほうがいいようです。
(体重×2グラムくらい)


しかしダイエット目的であればそこまで必要はありません。
体重×1グラムのたんぱく質を取ることを目指して栄養バランスを考えてみましょう。

・体重50キロの人であれば1日50グラム
・体重80キロの人であれば1日80グラム

体重×1グラムのたんぱく質を取りましょう。

炭水化物を減らす

ご飯、ラーメン、パスタ、うどん。
どれも美味しいものばかりですよね。
しかしそこは自分との戦い。
炭水化物を減らすというのは課題になってきそうです。

糖質制限ダイエットについては別の記事で詳しく書いてます。
ぜひ読んで参考にしてください。

腹筋を鍛えればお腹が割れるわけではない

腹筋は元々誰でも割れています。
腹筋が割れるという現象は体脂肪が落ちて、お腹周りの脂肪が減った結果
割れている腹筋が見えるようになった。
ということです。

消費カロリーを増やすためにトレーニングをやるには、
腹筋はあまり効果的とはいえないようです。

この情報を聞いてからぼくは腹筋のトレーニングをあまりやらなくなりました。
スクワットやベンチプレスなどを積極的にやるように。
そうすることでみるみる脂肪が落ちていきました。



腹筋を割りたい人は腹筋よりも大きい筋肉である胸や背中、脚を使うトレーニングをしましょう。
腕立て伏せやスクワットなどが大きい筋肉を使うので、
消費カロリーを増やすために効果的です。

おわりに

この動画を見るだけで、ダイエットの知識が必ず身につくはずです。
3ヶ月でダイエットを成功させたい人と、
1年かけてもいい人の成功率は確実に違うというのがわかっていただけたかと思います。

一番いけないのは糖質をゼロにするなど、無理をすることです。
無理をすると絶対に続きません。

健康的な食生活をすればするほど健康だけでなく、収入にも影響します。
自分の将来に必ずプラスになることなので無理せず

「あ、これならできるかも」

という範囲のダイエットを継続していきましょう。


糖質制限について役立つ本やレシピなどが全部読み放題です。
こちらの記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事