Kindle Unlimitedで読んだ本の数を調べてみると、
最近半年間で200冊ほど読んでいました。
読まずに借りただけの本を含めるともっと多いです。

実際にこれらの本を買ったら、1冊1000円だとしたら20万円
1冊500円だとしても10万円近くかかっている計算になります。

これらの本を読むために払ったお金は
980円×6ヶ月分の約6000円。たったこれだけです。

ぼくはKindle Unlimitedをはじめることによって、10万円以上節約することができました。

書籍代を節約したいという人にはぴったりのサービスだね

本にかけるコストを抑えたいという方には、Kindle Unlimitedを活用しない手はあり得ません。

kindle unlimitedで毎月1万円以上本代が節約できた!

毎月本を買うために15000円くらいかけていました。
なぜこんなに本にお金を使うようになったのか。数年前、それはぼくがうつ病だった頃に遡ります。
うつ病で仕事はドタキャン。
新しく入ったアルバイトも一週間続かず。
朝が来ると仕事に行けず、布団をかぶって部屋からでないこともしばしばでした。
バイト先からの連絡は当然フル無視。

いけないのはわかっています。
でも、身体が動かないんです。
自分自身でだめだと思っていても、身体がついてこない。

そんな状況にぼくはただひたすら、悩んでいました。
このままではいけない。
なんとかせねば。

そうだ、きっと答えがどこかにあるはずだ。



ないはずの答えを、本の中に探しはじめました。

学校の勉強は得意でした。なぜなら問題集には解答があるからです。
ですが、人生に答えはありません。
ぼくは人生の問題集を解くことができず、とにかくつまずきました。
つまずいて悩んでも答えはわからず。


ここから7年近く、
更に答えを探し求めてさ迷うことになります。


こうして手当り次第に本を買い求める結果、
15万円のバイト代の中から多い月は3万円くらい。少ない月で1万円くらい。
本代にあてる生活を送ることになりました。

家の中の本は何百冊にもなりました。
読んでない本もたくさんあります。

うつ病がなおった今でも、
本屋で面白そうなタイトルを見つけると思わず飛び付いてしまいます。

スポンサーリンク

読みたい本があれば、Kindle Unlimitedで似たような本を探すようになった

そんなぼくにとって、
Kindle Unlimitedは、無駄遣いを防ぐのにかげがえのない存在となりました。

欲しい本が見つかった場合

ほしい本を買う前にはまず、Kindle Unlimitedの読み放題作品で探すことに。
もし見つかれば、早速読んでみます。

欲しい本を買う前に、Kindle Unlimitedで検索!

欲しい本が見つからない場合

今まで欲しい本であればここでポチって本を購入していました。

しかし、Kindle Unlimitedをはじめてからは、次の行動をとるようになりました。

もしも欲しい本がKindle Unlimitedの読み放題になければ、

読みたい本と同じテーマ・同じジャンルを扱っている

類似した本を探す

これを徹底することにしています。

たとえば・・・断捨離を例にした本の探し方

最近読んだ本の一例を挙げます。
断捨離をしたい!と思い最近断捨離本を読みました。

新・片づけ術「断捨離」という本の存在を最初に知りました。

これはよさそうだぞ
本を読んで断捨離しよう!



そう思ったぼくは早速Kindle Unlimitedで検索してみることに。
実際に読んだのは
見てわかる、断捨離 決定版のほうです。
実は上記の2冊。著者はどちらも同じ方なんです。
著者のやましたひでこさんは、断捨離や、部屋お片づけ業界ではかなり有名なお方。
上の本は読み放題ではなくて、
下の本は読み放題でした。

著者が同じであれば、書いてある内容に大差はありません。
見てわかる、断捨離決定版を読んでみることにしました。

Kindle Unlimitedにない欲しい本は、今でも買います。

こうしてKindle Unlimitedを上手に使いこなすことに成功したぼくは

980円と、他には本当に欲しい本数冊。
1ヵ月に本に使うお金が3000円くらいまで減りました。

毎月1万円以上の本代を節約することに成功したのです。

最初にKindle Unlimitedで検索することで、類似した本で満足できるケースがほとんどです。

Kindle Unlimitedを使いこなして、お金をかけずに読書を楽しみましょう。

こちらもおすすめです。

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事