一般的な人は、生きているうちの大半の時間は仕事に費やします。
仕事というのは人生そのものといっても過言ではないかもしれません。

仕事力を向上させるというのは、人生そのものをよりよい方向に導いていくということではないでしょうか。
このページではKindle Unlimitedで読めるビジネス小説を紹介しています。
小説のいいところは、「物語である」という点です。
ビジネス書は要点がまとまっていても、物語ではないので頭になかなか定着しません。
ビジネス書の知識というのは、現場で使えなければ意味がありません。
いちいち本を読みなおしているわけにもいかないので、頭の中に入っていなければ、
せっかくいい本を読んでいても、宝の持ち腐れになってしまいます。
その点ビジネス小説は、小説として物語を追いかけることで、記憶の定着率が圧倒的に良くなります。
話を思い出すことで、その教訓や学びも一緒に思い出せるようになるのです。

ぜひ仕事力の向上に、人生の発展に、この記事を役立ててください。

Kindle Unlimitedで読めるおすすめビジネス小説

上京物語

父親が上京する息子に向かって送った手紙。
なかなか思ったことを言葉にできず・・・
そんな中父親がとった選択肢は、本を書いて息子にプレゼントすることでした。
人生を生き抜く知恵がちりばめられています。
喜多川泰さんの小説は、仕事に必要な気づきが得られる「スキルアップ小説」と個人的に名付けています。
実際にお父さんからもらった手紙がこんな感じだったらどうだろう?
と電車内で読んで、うるっときてしまいました。
あたたかい作品です。

会計天国

突然事故死した経営コンサルタント。そこに突然天使があらわれ、現世に復活するチャンスが与えられることになります。与えられたミッションとは、会計ノウハウを使って5人を救うことでした。
ベストセラーになったビジネス小説です。
竹内さんの作品はテーマがはっきりしているのでわかりやすいです。
この本だと「会計」「お金」がテーマになってきます。
竹内さんの作品は他にもこんな作品があります。

「貯金兄弟」
「給料戦争」
「戦略課長」

どれもタイトルだけ見て、どんなことが書いてあるのかわかるので、探しやすいですね。
いろいろ手に取ってみると、面白いですよ。
会計天国についてはコミック版もあるので、小説がとっかかりにくいという方は、コミック版から入るのもおすすめですよ。(こちらは読み放題ではありません)

投資ミサイル

会社の業績不振で、新しい上司として派遣されてきた、社外取締役のサポートをすることになった美穂。
なんと派遣されてきたのは、「ロボット」でした。


同じく竹内さんの作品です。
投資という言葉はよく耳にするけど・・・
投資を学びたいんだけど・・・
どこから手をつけたらいいのかわからない方にはこの小説から読んでみることをおすすめします。
事業計画書の作成からキャッシュフロー、販売戦略の話まで、主人公の美穂になりきって読み進めていきましょう。

夢をかなえるゾウ

200万部以上の大ベストセラー水野敬也さんの夢をかなえるゾウ。成功法則を読んでも成功しないのはなぜでしょうか??
この本にはそのヒントが詰まっています。
本に出てくる神様「ガネーシャ」は関西弁で話します。
関西弁っていうときつく聞こえるかもしれませんが、ガネーシャの関西弁は、ゆるい感じで好きです。

四つ話のクローバー

主人公は精神的に病んでしまって会社を退職。現在は休職中という体裁のもと、ニートとして過ごす毎日。
そんな主人公の前にあらわれたのは、幼馴染の神谷君でした。
神谷君の実家は大企業で、彼も跡取りとして現在は社長として会社のかじ取りをしています。

悩み、思い詰めている様子の主人公に気を使ってか、二人で喫茶店に行って話すことに。
神谷君は、昔おじいちゃんがよくしてくれていたという「作り話」を主人公のために聞かせてくれます。
この本にはそのおじいちゃんが創ったという物語が4つ紹介されています。それで「四つ話のクローバー」です。

1個1個の話が、独特のシチュエーションでぐいぐい引き込んできます。
それぞれの話の中に教訓も学びもあります。(学びは最後に全部まとめられています)

夢をかなえるゾウばかり注目されている印象がありますが、ぼくはこちらのほうが好きです。
まだ読んでないという方にはぜひおすすめしたい一冊です。

女子大生会計士の事件簿

著者の山田真哉さんは、現役会計士でありながら『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』というベストセラーのビジネス書などを手がけています。
女子大生会計士の事件簿は、小説を読みながら会計のエッセンスも吸収できるという実用的でもあり、物語も楽しめる一石二鳥の1冊。
シリーズ化されていて、すべてがKindle Unlimitedで読み放題です。『会計天国』とはまた違った面白さが味わえます。

仕事は楽しいかね?

仕事に行き詰まりを感じたときに読んでほしい1冊です。
「仕事が楽しくない」と思う人は、現代人には増えてきているのではないでしょうか?
楽しい仕事をしたい!と思うけれども、なかなかそんな仕事は見つかりません。
本書には「仕事を楽しくするヒント」がちりばめられています。
どんな仕事でも、楽しんでやることはできます。
今の仕事が楽しくない。仕事をやめたいと思っている人に読んで欲しい1冊。
パート3まであります、続編も読み放題なのでぜひ手に取ってみてください。


マンガ版もあるので、こちらもおすすめです。

まとめ

今回はKindle Unlimitedで読めるビジネス小説を紹介しました。いかがでしたでしょうか?
仕事力を向上するためのノウハウ、ハウツーなどのビジネス書は溢れていますが、
たくさん本を読んではいるけど、なかなか実践までいたらない、頭でっかちになってしまっているという人は多いのではないでしょうか?
(ぼく自身がそうです)
物語として記憶の引き出しにしまっておくことで、日常的に学びを思い出すことができるようになります。
ぜひ仕事力の向上に、幸せな人生を生きるために、ビジネス小説を活用してくださいね。

フォローしてください!

おすすめの記事