「一度はチャレンジしてみたい、難解小説!」
世界には、なんで書いたの?と思うようなとてつもない長いストーリーや、ごちゃごちゃしていてよくわからない難しい物語が存在します。
時には、書いてる本人の頭の中もごちゃごちゃなんじゃね?と疑ってしまうことも(笑)


今回は、Kindle Unlimitedで読み放題の、難解小説ばかりを集めてみました。
Kindle Unlimitedであれば返却期限もないので、気軽に挑戦することができます。
図書館の本のように、「返却期限が来たのに読んでない!」なんていうことも起こりえないからです。
1000ページの本を1日10ページずつ読む。なんていう方法もとれちゃうわけです。
各本の最後には、手軽に読める漫画版も紹介しています。
とにかくいろんなものが同時に出てくるので、文章だけでは何が何だかわからなくなってしまうという方は、
ぜひ漫画版を読んでから、本書を読み進めてみることをおすすめします。

難しい作品に挑戦!難解おすすめ小説【Kindle Unlimited】

カラマーゾフの兄弟

いわずと知れた、ドストエフスキーの名作です。
完全版は、1050ページもあります。長い(笑)
あまりに長すぎて、ストーリーが複雑過ぎて、途中で断念した経験があります。
カラマーゾフ一家の悲劇はどんな結末を迎えるんでしょうか??
せっかく読んでも理解できなかったのであれば、時間をかけて読んだ意味がなくなってしまいます。
読み放題ではないですが、併せて手軽に読める漫画版を紹介しています。
まんが版でイメージをつかんでから小説に挑戦してみるのもおすすめです。

罪と罰

賭博で一文無しになった44歳のドストエフスキーが書いた作品と言われています。
生活のため、借金のため、死に物狂いで書いたんでしょうか?
主人公に感情移入すると心が揺さぶられます。
カラマーゾフの兄弟よりは読みやすかったような。
不安や苦悩、後悔と向き合う一人の青年の物語です。
罪と罰も、手軽に読めるコミック版から入ると、より物語が理解しやすいでしょう。

白夜/おかしな人間の夢

ドストエフスキーは長すぎ!そして、難しすぎる!もっと簡単に読める作品はないの??
そう思ってしまった方のためにおすすめするのがこちらの短編集。
白夜、おかしな人間の夢など4作品が1冊の本になっています。
白夜はカラマーゾフの兄弟や、罪と罰とはちょっと違ったテイストの恋愛小説です。
主人公は26歳の青年。著者自身が投影されているのかもしれません。

ドグラ・マグラ

日本三大奇書といわれているドグラ・マグラ
夢野久作さんが10年以上の歳月をかけて完成し、亡くなる前年に刊行された作品です。
夢野さんは47歳という若さで亡くなりました。
書いてる途中に亡くなってもおかしくなかったわけですね・・・どんな想いで書いていたんでしょう。


本書に出てくるのは、精神病者の脳内、世界、キチガイのオンパレード。
5回読んだら5回違った感想が出てくるといわれている不思議な作品。
はまる人はとことんはまる。
はまらない人はまったくはまらない。そんな本です。

ドグラ・マグラの漫画版は、読み放題の対象作品にもなっています。
まずはこちらでイメージをつかんでから、本編にチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は難解小説を紹介しました。
ぼくは、これらの本は恥ずかしながら一度挫折しています(笑)
今回紹介したのをきっかけに、再度チャレンジしてみようと思います。
読むのは苦労も多いですが、世界的名作といわれているだけあって、達成感も人一倍あるはず。
みなさんもぜひ、Kindle Unlimitedで読める難解小説にチャレンジしてみてくださいね。

フォローしてください!

おすすめの記事