Fireタブレットで機能がアップデートされ、ついに念願だった音声読み上げ機能が実装されました。
ぼくは本を読んだら、すぐに忘れてしまうのでなかなか記憶に定着しません。

本を読むだけだと記憶に残らないので、メモしながら読んだり、音読しながら読んだりさまざまな方法を試してきましたが、
いまでは本を読みながら聴くスタイルに落ち着きました。

目と耳を使って読書をするのが一番記憶に残りやすいので、
読み上げ機能については、常に良いものを探し続けています。

最初はオーディブルを試しました。
オーディブルは3ヶ月の無料体験ができるので、この期間を利用しまくって、
ありとあらゆる本を聴きました。
その後、ぼくはAmazon Echoを購入しました。
今後は自宅ではEcho、外出先ではFireタブレットに音読してもらう流れになりそうです。

読み上げ機能にはお世話になりっぱなしで、使い倒しているのですが、
その詳しい機能と、便利な使い方について解説したいと思います。

スポンサーリンク

読み上げ機能とは?使い方は?

読み上げ機能とは?

読み上げ機能というのは、音声ソフトがテキストの内容を自動で音読してくれる機能です。
iPhoneやAndroidにも実装されています。
ウェブページやブログのテキストも読み上げしてくれるのですが、
今回は、『本の音読』をテーマとして扱っています。
自動でページもめくってくれるため、再生ボタンを押したらあとは手間がかかりません。
本を読みながら聞いてもいいし、読まずに聞くだけでもOK

使い方としては
・電車内でイヤホンをしながら本を聴く。
・本の内容を復習するために、作業をしながら聞き流す。
・小説などを音で楽しむ。


など様々な利用が可能です。
本を耳で聞くことで、読書の可能性の幅がぐっと広がります。

なぜ読み上げ機能にこだわるのか?読み上げ機能のメリット

ぼくは『読み上げ機能』についてこだわりを持っていて、
常に良いものを探し続けています。

読み上げ機能を使うメリット、理由は?

・より記憶に定着しやすい
・目が疲れる
・学習効率が高まる
・気軽に楽しめる

この4つが主な理由です。

・より記憶に定着しやすい
本はただ読むだけではなく、読み上げ機能を使うと、目と耳を活用した読書が可能になります。
集中状態では、かなり記憶への残り具合が変わります。

・目が疲れる
ぼくは視力が良くありません。0.02くらいです。ド近眼。(いまはもっと悪くなっているかも?)
視力が悪い方には共感していただける話なんですが、目を酷使しすぎると、生活に支障が出ます。
目が疲れると眠気が襲ってきたり、鼻水が止まらなくなったり、とたんにやる気がなくなってしまいます。
読書が好きなのはいいのですが、ずっと画面を見たままの状態では、目が疲れてしまいます。
そんなときに活躍してくれるのが読み上げ機能です。
耳からも読書できるようになったことで、選択肢の幅が広がりました。
目が疲れることなく、読書を楽しめるようになりました。

・学習効率が高まる
本を耳から聴くことで、ジムで運動をしながらでも本の知識を仕入れることができます。
忙しい中で生産性を高めて行動していくためには、学習も効率化がかかせません。
読み上げ機能を利用すれば、学習の効率化が実現します。

・気楽に読書ができる
小説などの本は、記憶する必要もないので純粋な楽しみとして、
本を読まずに、音声だけで味わうのも心地良い時間です。
このような理由から、今ではどっぷり『読書は耳から』状態になっています。

読み上げできる端末、サービスの紹介

読み上げ機能の体験には、オーディブルを使ってみましょう


いますぐ、早速読み上げを体験してみたい!
まだ本を耳で聞いたことがないという方は、
オーディブルを無料で試しに使ってみるといいでしょう。
オーディブルとは、プロの声優やナレーターの方が本を朗読してくれる月額使い放題のサービスです。
Amazonプライム会員の方は、3ヶ月無料で利用することができます。

ほかの読み上げ機能の使い心地はどうか?

オーディブルは、すべての本が音声で聴けるようになるわけではありません。
やはり読みたい本を音声で聴きたいということで、オーディブルを使ってみてから、あれこれ他も試してみるようになりました。
スマホは常に持ち歩いているので、アンドロイドで読み上げ機能が便利使えたらいいよなーと思いつつ、
(実際にはできることは出来るのですが、使い心地がよろしくありません。)
実際は思うように使えていませんでした。
具体的には、ページをめくるたびに動作が必要で、正直めんどくさいです。

しかし読み上げ機能はどうしても欲しいので、Amazon Echoを買うに至りました。
Amazon Echoは、

Alexa、本読んで~

の一言で本を読み上げしてくれます。
アレクサはかなりいい奴です。ベストフレンド。
このままアレクサと結婚しようかとも思ったんですが、
今回Kindle Fireでいつもどおり読書をしていた時に、偶然読み上げ機能を発見しました。
実際使ってみたところ、なかなかの使い心地です。(というか最高)
今後はEchoとFireの読み上げ機能をヘビーにローテーションしていくことになりそうです。

Fireの読み上げ機能は、倍速切り替えができる

Fireタブレット読み上げ機能の倍速は?

0.7倍速
1倍速
1.5倍速
2倍速
3倍速
4倍速

Fireタブレットの読み上げ機能は、速度を6段階で自由に変更することができます。
Amazon Echoでは読み上げスピードをいじることはできません。
読み上げスピード自体はゆっくりなので、1倍速だと読むスピードのほうが速いです。ちょっと遅いかな?という感じです。
4倍速だと聞き取りづらい箇所があったので、2倍速~3倍速くらいでの利用が心地良いスピードになるのでおすすめです。

読み上げ機能の比較

倍速再生

オーディブル 0.5倍~3倍速(0.05区切りで自由度が高い)
Amazon Echo ×
Fire タブレット 0.7倍~4倍速(6段階)

倍速再生についてはオーディブルとFireタブレットに優位性がありそうですね。

価格

オーディブル 月額1500円(プライム会員3ヶ月無料)
Amazon Echo 5980円~14980円
Fire タブレット 5980円~15980円

声質は??

オーディブル 声優やナレーターなので心地良いリズムで聴ける
Amazon Echo やさしい感じの声。
心地よさはオーディブルとFireタブレットの中間くらい。
Kindle Fire 機械ボイスに近いです。すぐ慣れるのでまったく不快感はないです。

その他の特徴

オーディブル 本を聴かない習慣がある人にはちょっと割高かも
Amazon Echo 音楽再生もできるし、スマートスピーカーは工夫次第で可能性が無限大。
Kindle Fire 映画も見れる、音楽も聴ける。タブレット端末としてコスパ最強クラス。

さあ、読み上げ機能を試してみよう!おすすめの戦略は?

音声読み上げを積極的に使ってみたいという人は、オーディブルを試しに使ってみることをおすすめします。
・プライム会員であれば3ヶ月無料
・プライム会員でなくても1ヶ月無料
それぞれ無料体験することができます
その無料期間の間に、Amazon EchoやKindle Fireなどの機器を調べてみると良いでしょう。

おわりに

Amazon Echoは今後ますます便利になりそうで期待しているサービスです。
Fireタブレットについて詳しく知りたい方は
こちらの記事Kindleを読む際の端末って結局どれがいいの?という方向けの最適な端末選びについて教えます。FireとKindleを徹底比較で詳しく書いているので、参考にしてください。

オーディブルは他のサービスではありえないくらい長い期間の、3ヶ月無料体験が可能です。

1ヶ月無料が一般的ですからね。実際に使ってみながら、読み上げ機能を体感してみてください。
読み上げ機能すばらしさを実感していただけるはずです。
読書の幅を広げて、読者がより身近に、より楽しく感じてもらえるようになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事