考えたことはノートに書いておく。

頭のなかでぐるぐるは一番意味がない。

用意するものは、紙とペンで十分だ。

ぼくは頭で考えるといつもぐるぐる同じ思考をたどってしまう。

空想に耽る時間とか凄く格好良くて、ぼくも頭の中でいろいろ考えてみるんだけれど、
頭の中で考えていることって、ちっとも進まない。
なので最近は頭の中で考え始めてしまったときに、いつも意識するようにしている。

あ、ノートに書こうって。
ノートどこやったっけな、ノートださなきゃ。

そうやってノートの前に座るようにする。

建設的なのはいつも書いているときっていうことに気づいたんだよね。

人間はすべてのことを覚えておけない。

なぜ建設的かって、人間の脳みそには忘れる装置みたいなのがついていて、
すぐメモリークリアされてしまう。それも自動的にね。

覚えておきたいことは忘れちゃうし、忘れたいことほど覚えていたりする。

考えている最中でも考えていることを忘れる。

こうやって文にしてみると、じゃあ一体何を考えているんだってなる。アホ丸出し。

でもこればっかりは人間の機能だから仕方がない。
焦らず、考えることは紙の上でやっていこう。

難しいこと考えずに、全部書こう

何を書けばいいんだろう?全部がいい。

考えたこと。
1日の記録、やったこと。
明日やりたいこと。
全部がいい。

感情も忘れちゃいけない。
今日は青木さんの行動にいらっとしたとか(青木さんごめん)
腹が立ったとか、そういうどうしようもないことはただそのまま書く。

マインドフルネスに通じる部分もあるのか、
怒りは書くだけで消えていく。

現代人はスマホひとつで絶対に情報まみれになっているから
書いたら書いただけ、脳みそは整理されてクリアになっていく。

失敗談を面白おかしく書ければ、楽しいノートになりそうだよね。
  

ぼくはこんな感じ。
 
 
 
 
 

フォローしてください!

おすすめの記事