おす!
好きなこと、やれば?
そんな気持ちです。
今回のQ&A、いってみましょう。

疲れている時こそ、好きなこと!

Q。
好きなことはあるのですが、
仕事終わりや休日に疲れ果ててできないうちに、
好きな気持ちが薄れていってしまいます。

A。疲れてる時こそ、好きなことをやろう!

人間のエネルギーは使えば使うほど増えていく。

好きなことをやらないから、尚更疲れちゃってるんでじゃないですかね?
人間のエネルギーって不思議なもんなんですよ。使ったら消費してしまうゲームのMPみたいなもんではなくて、

面白いと思うことなら、やればやったぶんだけ体力は回復していくんです。

ぼくはジムへいくようになってから、
だいぶポジティブに物事を考えられるようになってきたんですけど、

身体とは不思議なもので、
動かしたら動かした分だけ、動けるようになるんです。

普通だと、動かしたら疲れちゃう。
仕事終わりで身体が疲れてるから、ジムなんて行ってる場合ではない。早く帰って休んで、明日の仕事に備えなければ!
ってなるんですけど、

事実はそうじゃない。

10分程度のランニングやストレッチをするだけで、
身体の疲れって取れるんですよ。

それが、不思議で、面白くて。

身体を動かすことによって、疲れが取れることで、
全体的な活動時間は増えるから、時間がなくなるどころか、
時間も有効に使えるようになります。

楽しいことをすると、エネルギーが増えます

身体を動かすこと以外にも応用がきくんです。
人間の身体は疲れているようで、そんな疲れていないことのほうが多いです。
疲れた、休め!っていうのは脳が指令を出していることなので、脳が疲れてしまっている。というのが実際のところ。

脳は退屈が嫌いです。退屈だと、疲れた、休め。すぐにこういう命令を出します。
これがだるいの正体。
身体が疲れてるからだるいんじゃなくて、好きなことをやってないからだるくなってしまうのです。

好きなことをやると、
考えも前向きになる。疲れは取れる。

だから自分が疲れてるなって思ったときほど、好きなことをやる時間は持つようにしてます。

まずは屈伸、背伸びして身体を動かす!
そして好きなことをやる!

疲れてるときこそ、好きなことなのです。

うまくいくとかいかないとか、そんなことは気にしないこと。
とにかく楽しんじゃえ!

うまくいこうがいくまいが、楽しければ、それが成功なのです。

では今日のワーク。

・あなたが楽しいと思うのは何をしている時ですか?
・今日1日の中で、楽しいと思えることに時間を使いましょう。

フォローしてください!

おすすめの記事