人は自分の知ってることしか興味がない

人に知らないことを教えたい。
興味を持ってもらいたい。
そんな時は相手の知ってる話からはじめましょう

ぼくはよくジュンク堂に行く。
ジュンク堂はとてつもなく広くて
本がたくさんあって
座って本が読める
ぼくにとって天国みたいな場所だ。

しかし、その店の広さは本屋を利用する大多数の人にとって、全く役に立っていない。

なぜなら皆
知ってるジャンル
興味あるコーナーにしか行かないからだ。

先日初めて栄養学のコーナーへ入ってみた。


ぼくは去年からジムに通っているのだが、
最近成果が思うようにでなくて、正直な所伸び悩んでいる。

去年のぼくは
やったらやった分だけ結果が出ていた。
ジムへ行くことによって
めんどくさがりでデブで
そんな中
体脂肪率を10%以上落とし
めでたく運動を習慣化することに成功した。



(めんどくさがりはなおってない。笑)

最近は、ただ身体を動かすばっかりで、
筋肉量が増えたり、体重が減ったり、体脂肪が減ったり、
効果を上げることからは遠ざかってしまっている。

楽しいというだけで十分な成果なのかもしれないが
もっと効果を上げられたらいいのにな。 そんなことを思う日々が続いている。



先日たまたま見たダルヴィッシュのインタビュー映像で、
栄養学などを勉強している彼の姿勢に驚いた。

大事なのは何かをすること
何もしなかったら昨日と同じ

ダルヴィッシュのこのセリフが今でも耳に焼き付いています。

ダルヴィッシュが勉強してる本をみてビックリ




今日は何をやろうか?勇気をもらえる言葉だ

日々運動はしているわけだが、ちっとも目標に近づかない。
思うように運動の成果があがらないとき、ひとつの仮説が頭に浮かんだ。

「もしかして、運動より食事のほうが大事なんじゃね?」

早速ぼくはジュンク堂へ行って、
いままで行ったこともない未知の世界

「栄養コーナー」

へ足を運んだ。

興味のない内容を読んでもらうには「知ってる」+「知らない」

ぼくは主婦ネタには興味がない。逆もしかり

子供が生まれたてのお母さんは、子育てのことに興味があるが、独身のぼくは全く興味がない。

ぼくがどんなに面白いブログを書こうが、そのお母さんに読んでもらうことはない。お互い興味あることが違うからだ。

しかし、そんなお母さんにもブログを読んでもらう方法が、ある。

ひとつだけ、ある。

それは、育児の話題を出すことだ。

人は知ってる話に興味をもつ。極論を言うと、知ってる世界のことしか興味がない。

お母さんは育児のことで頭がいっぱいだし、
知りもしないし興味もない、哲学のコーナーなんかへ足を運ぶことは絶対にない。

しかし、育児の話から始まって、哲学の話に入っていったらどうだろうか??
赤ちゃんが哲学を学ぶとどうなるか。
小さい頃から哲学を大切にしたら、どんなに素晴らしい大人になるか。

こういう話題の展開をすると

「あ、哲学おもしろそう。」

ここまで来て、初めてお母さんは興味をもつわけである。

ぼくは小さい頃に野球をやっていた。
だからこそ、ダルヴィッシュのインタビューにピンと来たのである。

これが平野レミが栄養の話をしたところで、

「ふーん」

としか興味を持たなかったはずである。

相手の「知ってる」と「知らない」を上手に組み合わせよう

知ってる世界のことに、ちょこっと知らない話題がついてくる。

これが一番人に興味をもたれる伝え方である。

(1)知ってる+知らない⇒〇 ベストな方法 (2)知らない+知ってる⇒× 最初の時点で興味をもたれない
(3)知らない+知らない⇒× この人は別世界の人だと思われる
(4)知ってる+知ってる⇒△「それとっくに知ってるからつまんない」ってなる

知ってることだけ話しだけしても聞いてもらえないし、
知らないことだけ話すとうざがられる。

人間ってつくづく、わがままな生き物ですね(笑)

多くの人に興味をもたれたいのであれば、

相手が知ってる世界のことから知らない世界へ引き込みましょう。

知らない世界のことに挑戦するときは、まんががわかりやすくて、おススメ

フォローしてください!

おすすめの記事