スポンサーリンク

亀山敬司会長とはどんな人物?その来歴とプロフィール

亀山敬司
DMM.comグループ創業者、会長。
商売人の父親の元で育つ。飲食店やキャバレーなどをやっていたらしい。アクセサリーの露天販売をはじめたのが19歳の頃。それから石川県のレンタルビデオ店からアダルト、IT業界の大物まで登り詰める。動画配信、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、IOT、ロボット、VRシアターと多岐にわたる事業を展開するDMM.comグループの創業者でもあり、現在は会長をつとめている。

身一つで成り上がった商売人あがり。
顔出ししないことでも知られる亀山会長ですが、
これからの時代を生き抜く上で欠かせない考え方が詰まっていたなと感じたので、
まとめて紹介します!

亀山シャワーを、浴びて思考をリフレッシュ!
この記事をブックマークして、何度も何度も読み込んで
起業家向けのテキストにしちゃいましょう。

市場規模が小さくても1位を取りに行く

まずは田原総一郎さんがインタビューした記事です。
DMM亀山会長に田原総一朗が聞く「お金儲けのコツと楽しさ」

僕らもAmazonのECショップを使うし、Googleのエンジンも使います。彼らに対していくらかお金を払ってサービスを使いながらも、別の方向のビジネスができるんです。

たとえば今スマホでアプリを売ると、3割くらいGoogleやAppleに取られてしまう。3割取られても残りの7割を儲けることはできるので、そこで力を蓄えてまた別の方向にいけばいいわけです。そのお金でたとえばドローンを作るとか、いろいろ別のことができるじゃないですか。

でかい敵とは戦わない。小さな世界で1位を取ることで、別の分野にも生きてくる。
そんな内容のお話です。

今やっていることが全てだとも思っていない。
何度でも新しいことをやればいい。そういった精神のようです。

まずは、自活しなさい。

当時10代、おのなおさんによるインタビュー
「利害のあるリアルな人間関係が面白い」DMM亀山会長が語る、ビジネスの根本とは 

誰かの世話になって生きている奴と、自分で稼ぎながらその中で楽しんでる奴ってちょっと違うじゃない。ボランティアとかすごくいいことだと思うんだけど、でも、それって誰かの寄付で成り立ってたりするじゃない。そうじゃなくて自分たちがビジネスできるようになって、利益が生まれる仕組みをつくったうえで社会貢献するほうが面白いよね。

例えば学校とかもそうかも。先生という視点なら理想の教育だけ考えればいいかもしれないけど、学校には先生の給料とかも含め、永続的に運営される仕組みも必要になってくる。

ちょっと極端かもしれないけど、理想的なことをしたいなら、自分で自活しなくちゃいけないわけ。理想的なことをしていても誰かのお金でやってたら、その人に「終わりね」って言われたら終わっちゃうからね。

自活、してますか?

これからの時代、企業に頼りっぱなしで生きていくのは困難になっていくでしょう。
優良企業でも数年後はどうなっているかわからない。私達はそんな難しい時代を生きています。
倒産リスクは免れません。

 
 

そんな中、ぼくは自分の本が書きたいなと思い、ブログをはじめました。
思いを言葉にする練習ができると考えたからです。
ブロガーとして活動している人の中には、
会社員、やめてフリーになりました!と堂々宣言。稼いでいる人もいるそうです。

 
 

果たして、ブロガーは自活なのでしょうか?
ブログで稼ぐことだけでは自活とはいえないんじゃないかな。
確かにブログは広告で稼ぐ仕組みがある。
広告、アドセンスという仕組みはグーグルがお金を出してくれている仕組みだ。(グーグル様様)

 
 

PVがあがればあがるほど、広告宣伝費として入ってくるお金が増える。
今ブログだけで会社やめました。ひゃっほーい!って言ってる人も、
数年後はわからないんじゃないか。そう思っている。

 
 
「来月から、アドセンスはなくなります。今までのご利用、ありがとうございました」
ってグーグルから言われた瞬間に終わっちゃうもんね。

これからの時代、自活していくためにはDMMみたいにあれもこれも、いろいろやってみていいんじゃないかな。
当然稼げる事業と稼げない事業が出てくる。稼げなかったものは損切りする。
稼げた事業で種銭ができるので、その種銭で次の事業を育てていく。

もちろん最初はネットで。それからリアルの場へと広げていくのが理想といえるでしょう。

中学生にも亀山節

地元石川県の中学校で行われた講演会
DMM亀山会長「自分が想像できない世界には行けない」孤独な少年が会長になるまで

中学生 将来、ビジネスを成功させるにはどうすればいいですか?

亀山 やっぱり人がやらないことをやっといたほうがいいよ。たぶんこの中にもちょっと浮いてる奴っているんじゃない? やることがちょっと変わってるとか、空気読めない奴とかっていない?

でもね、空気読めない奴ってのは、そいつがおかしい奴なのか、実は周りがおかしいのか、わかんないわけよ。でも、みんなは多数決をとって40対1になった時に、40人の側につく方が安心するじゃない。どっちが正しいか迷っても、1人の味方になるのは勇気がいるよね。

事業をやりたかったら、そういう孤独になれる勇気が大事だね。だってみんなと同じ考え方で、同じ方向行っててもさ、その中で新しいことはできないじゃない。

別にあまのじゃくになればいいってわけじゃないけど、今だと英語を勉強するより、人のやらない中国語やスワヒリ語を覚えたほうがビジネスではうまくいきやすいよ。

みんなの中でさ、ちょっとはぐれて寂しい思いをしてる奴もいると思うんだ。そんな奴は「俺、居場所ないんじゃね?」とか「自分はなんかおかしいのかな?」とか、思ってない? でも、大丈夫だよ。オレも中学生のときは友達が少なくて、仲間外れだったんだ。だけど、大人になったらちゃんと仲間ができたよ。

結局さ、君たちのいる世界っていうのは今、自分の家と、この学校の2つぐらいしかないよね。あとは行き帰りの道。そんなすごい狭い世界の中で生きてると思うんだ。
でもね、大人になると、いろんなところに行けるし、いろんな人に会えるよ。必ず同じ思いの仲間に出会えるよ。

 
 

世界は広い。生きる希望を失ってはいけない

この話を聞いて、ワンピースに出てくるニコ・ロビンとハグワール・D・サウロの話を思い出しました。

サウロ<<<
よく聞けロビン・・・

今は
一人だけどもよ・・・!!

いつか必ず
「仲間」に会えるでよ!!

海は広いんだで・・・

いつか必ず!!
お前を守ってくれる
「仲間」が現れる

この世に生まれて

一人ぼっちなんて事は

絶対にないんだで!!!!
>>>
 
 
 
今は一人でも、孤独の時間で苦しくても、
必ず自分を理解してくれる人はあらわれる。
 
 
今は特にインターネットで世界中と繋がっている。
職場で理解されない。友達がいない、家で一人ぼっち。
それがなんだっていうんだ!
 
 
自分が世界と繋がろうと思えば、いくらでも世界と繋がれるんだ。
うつ病だからってふさぎこんでる暇はない。

日常の狭い世界から飛び出して、
広い世界へ飛び込もう!
 
 

投資は何が当たるかなんて、わからない。だからいろいろなところに賭ける

やるか、やらないかだけ。
「やるか、やらないかだけ」DMM亀山会長が語る、インターネットで成功した理由と、”アダルト”の次を担う新しい事業とは?

亀山:海外展開や、ロボット、スマホの製造あたりが基盤になってくれたらいいなと思う。あと、VRシアターを世界中に作れたら良いなとも思っている。今は横浜に一館しかないんだけれども、それだけじゃ元が取れないから、アメリカやインドとか色々な所に作って、マイケルジャクソンを流せたら、それで採算取れるよね(笑)。

でも、同じようなことはみんな思ってるんじゃない? やるか、やらないかだけなんだよ。やっていてもすぐに未来が見えるわけじゃないから、当たったり、当たらなかったりで。だから色々なものに投資しておくんだよね。

その他気になった記事

DMMアカデミーが設立された際のインタビュー。学歴の価値は?
DMM亀山会長に聞く「学歴の価値」 AIに取って変わられない人間とは
bloombergの記事。
アダルト業界の大物が9位の資産家に-DMM亀山会長の飽くなき起業精神

亀山会長の印象は、

儲けたお金で、また次の道へ進む。
 

冒険家であり、開拓者

根っからの商売人

自分の楽しいを追求するだけで、
どこまでも行けちゃう生き物なんですね。
人って。

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事