ギャンブル依存症であればあるほど、克服するステップで、お金が貯まりやすいです。
 
 
 
 
一見依存症の人は、お金なんか絶対貯められないんじゃないの??
 
 
って思いますよね。実際ぼくもそう思ってきました。

しかし、依存症を経験すると、お金が貯まるようになるんです。

 
 
 
 
しかも、爆発的に。

 
ぼくは
金銭管理を他人に任せるようになって、人生変わりました。(親)
 
 
最初は絶対嫌だったし、給料は全部自分の裁量で使えるようにしたい。

自由は俺が好きなんだ!この海で(世界)ワンピースを手に入れるんだ!って思ってました。
 
 
しかし、依存症から脱出するために、
あっさりとぼくは、母親に頼み込むことになります。
 
 
すみませんが、お金。預かってくれませんか?

 
 

スポンサーリンク

お金がなくてもやっていける

なければないで、やっていけるんです。

いままで使ってきたお金の大半はギャンブル。
パチンコ・パチスロやFXにどっぷり浸かりました。。
 
 
給料日になれば、真っ先に全力勝負!
最初の1週間で給料は使いきる。
残りの3週間は金もなく、細々と、ひもじい暮らしをしていたんです。

それが最初から自由に使えるお金がないとなればどうなるか!
 
 
 
 
暮らせるんですよ。

人間は新しい環境に、適応していけるのです。
お金がなければ、ない中でどうやって生活していこうか考えられる。
 
 
無駄に全力勝負!していた、あの頃の自分とは違います。
最初の1週間がないだけで、
残りの3週間が毎日の生活になるだけ。
 
 
切り詰めてやっていけるわけです。

散々切り詰めて
やってきたんですから。
余裕です。
 
 
お金を使わない生活は、得意のはず。
余裕のよっちゃんです。
 
 

お金の心配をしないと、使えるエネルギーが増えます

むしろお金のことを考える心配がなくなって、スッキリしました。

新しい趣味や、ジムでのトレーニング。その他のやりたいことにエネルギーを注げるようになりました。

やるべきことが定まった感じ。
 
 
これは普通の人にはできないことです。
 
 
カフェで友達とお茶したり、スイーツを食べにいったり、洋服を買い物にいったり、他にも欲しいものだらけ。飲み会も行きたいし、習いごとを始めればさらにお金もかかります。
普通の人はそこそこお金を使うんです。

依存症の人ほど、金を使わない

依存症の人は、ギャンブルにしか興味がないので、ほとんどその他のことにお金を使いたがりません。
 食べるものも安くていいし、服も特に気にしない。
 海外旅行に行きたいとかも、あまりない。

 
 
つまりギャンブル依存症を克服すれば、
ものすごい勢いで貯金が増えていきます。
 
 
ここまでくれば
依存症、万歳!
依存症に、感謝!
感謝感激雨依存!!
 
 
とすら思えてくるはずです。
 
 
光が差し込んできましたね。

 
 

低い生活コスト

ぼくは生活に対してのコストがものすごく低いです。

欲しいものもあまりないし、ブランド品にも興味がない。
 
 
強いてあげるとすれば、本を読みたいくらいかな。
 
 
20代前半でうつ病にかかったんです。
どうしてもどうしても治したくて手当たり次第に答えを求めてさ迷っていました。

答えは自分の中にないと思っていたので、
探さなきゃ、探さなきゃと。

人と関わることもできないし、答えを欲する自分が自然とたどり着いたのは読書でした。

そのときにひたすら本を買う習慣がついてしまって、今でも毎月数千円は本代に使います。

最近
Kindle Unlimitedに登録してからはそれも多少安くなりました。
 
 
あとはやっぱり・・・
 
 
 
 
ギャンブルに興味ありますね!(やはりクズ)
 
 

お金は他人に、預けてしまえ!!

お金を他の人に預けることで、あなたは大きなアドバンテージを得ることができます。
 
 

お金がない・・・。
お金で困らないために、増やしてから生活しよう。
ああ・・・やっぱり今月も、金ない。
貯金もしたいけど、なかなかできない。
 
 
あなたが今までの人生で悩んでいた苦しみの大半には、
お金が絡んでいます。お金がなくて、ギャンブルから抜け出せなくなって、
さらにお金がなくって。

そういう苦しみから解放されます。
もう困ることありません。
 
 

ぼくは毎週、生活費が振り込まれます。
それ以外のお金にはタッチしません。

タッチすると、ろくなことがないからです(笑)

貯金の金額を、気にしないこと

大切なのは、貯金の金額を気にしないことです。
貯金しようとすらも思わなくていいです。
 
 
お金を他人に管理してもらったら、勝手に貯まりますから。
 
 
まずは、3ヶ月。お金のことは忘れて、取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事