実は、そろそろプログラミングを勉強したいんだよね!

そんな風に思っている方は多いのではないでしょうか?
人工知能の話題も身近になってきており、
プログラミングは避けて通れない分野になりつつあります。
ぼく自身が入門書を探すのに本屋を何店舗もはしごし、かなり苦労した経験があるので、

過去の自分に教えてあげたい!

そんな本をぼくなりに集めてみました。
プログラミング初心者が読むべき、おすすめの入門書籍50冊をジャンル別に紹介していきます。

文系未経験の方でも読める!

ぼく自身「文系、未経験」でプログラミングの学習をしたので、
読むべき本は、文系初心者を主に想定して選択。
もしくは理系だけど、理系っぽいこと全くやってこなかったなという人向け。

プログラミング入門におすすめの書籍を、ジャンル別にまとめた総合ページとなっています。
おすすめの本は各ページに詳しく取り上げているので、
興味あるジャンルのリンクをたどって、学習にお役立てください。

スポンサーリンク

プログラミング入門書の賢い活用方法

プログラミング入門書の活用方法のポイントは?

・教科書として活用する
・参考書として活用する
・復習用として活用する

プログラミングの学習サイトはWEB上にもたくさんあります。
ぶっちゃけて言ってしまうと、
本を使わなくても学習を進めることができます。
ゲームをしているような感覚で進めることができるのでやっている瞬間は楽しいのですが、
なかなか記憶に定着しません。そこがWEBで学習するデメリットです。
本と、ノートを使って学習するのが記憶の定着には良いでしょう。

WEBで学習する際の手元においておく参考書として活用したり、
一通りの学習を終えてから復習用として、プログラミング入門書を使うのもあり。
入門書が手元にあると、学習の幅が広がり、さまざまな使い方ができます。
ご自身に合ったやり方で本を活用してください。

プログラミング入門書の賢い選び方

プログラミング入門書の賢い選び方のポイントは?

・図解が多いこと。
・読んでいて楽しいと思えること
・1冊に頼り過ぎないこと

プログラミング初心者がつまづいてしまう典型的なパターンとして、
辞書のような何でも載っている分厚い入門書を1冊買って、1ページ目から読みはじめるということです。
このパターンは大抵挫折します。読んでいてつまらないからです。

この本面白そう!

直感で構わないので、「この本面白そう。」と思った本を選ぶようにしましょう。
図解が多いと、わかりやすいのは良いですがページ数が増えてしまうため、
1冊あたりでカバーできる範囲はどうしても狭くなってしまいます。
しかし情報がたくさん詰まっている難しい本を買って理解できなければ元も子もないので、
あまり難しいことは考えずに理解しやすく、簡単なものを選ぶと良いでしょう。

学習は、楽しければ自然と続けていくことができます。
継続できる楽しさの本を選ぶことが何よりも大切です。

いざ、プログラミングの世界へ飛び込みましょう!

それでは実際に、プログラミングの入門書を紹介していきます。

【初歩の初歩】プログラミング入門時に読みたいおすすめ書籍

まず最初に紹介したいのが、プログラミングのやる気を出してくれる本。
プログラミング入門の全体像や、プログラマーの心構えなどを未経験者にも教えてくれる貴重な本となっています。
これらの本を読むと、もれなく

プログラミングやりてぇ!
プログラマーになりてぇ!



となります。

>>プログラミング入門時に読みたいおすすめ書籍
(10冊紹介しています。)

【万人必須】HTML/CSSのおすすめ入門書籍

HTML/CSSとは?

ホームページやブログなどのWebページを作るのに欠かせない言語です。
・HTMLはWebサイトの内容を担当します。
Webページに構造的な文書を書いたり、画像を貼ったりリンクを貼ったりできるようになります。
・CSSはデザインなどの装飾を担当します。
見た目をいじる言語です。
このブログに使っている吹き出しもCSSで作れたりします。

これからプログラミングをはじめる全ての方が学んだほうがいい言語です。
>>HTML/CSSの入門書籍についてはこちらで詳しく紹介しています。
(5冊紹介しています。)

HTML/CSS学習後に進むステップは次の2つです。

HTML/CSSの学習後に進む2つのステップ

・Webページ作成を極める。
・個別のプログラミング言語を学ぶ。

Webページの作成を極めていくステップは入門からは遠ざかってしまうので割愛します。
HTML/CSSの学習を終えたら、次は言語別にプログラミングを学んでいく学習段階へ進みましょう。

【具体的な学習】プログラミング言語別おすすめ入門書籍

JavaScript入門

JavaScriptの特徴は?

・Webには欠かせない言語である
・HTML/CSSと相性が良い
・情報量が豊富

JavaScriptは世界中で愛されている言語です。世界中のWebページの動作に使われているのがJavaScriptがメインなので、今後もなくなることはないでしょう。
JavaScriptを活用することによって、
動きがあるWebページを作ることができるようになります。
アプリを作ることもできますし、可能性は無限大といえるでしょう。

ほかにも、JavaScriptはHTML/CSSと相性の良い言語です。
HTML/CSSの学習を終えた直後には知識の定着も兼ねることができるので
次なるステップとしておすすめの言語です。

>>JavaScriptの入門書籍についてはこちらで詳しく紹介しています。
(5冊紹介しています。)

Python入門

Phthonの特徴は?

・言語がシンプル
・グーグルも採用している
・人工知能・AIの分野で積極的に使われている

コードがシンプルで読みやすいです。
Youtube,Instagram,Evernoteなどで使われてます。
いま最もホットな言語のPythonを学んで、
ご自身のスキルアップに役立てましょう!

ちょっとひとこと

ぼくは主に、PythonとJavaScriptの2言語を時間をかけて勉強しました。
JavaScriptを使っていると思うのは、Pythonはシンプルだなぁということです。

プログラミング言語の違いというのは、表現の仕方の違いというようなもので、
プログラミングの仕組みそれ自体が変わってしまうわけではありません。
プログラミングの仕組みを知るのに、シンプルな言語というのはとってもありがたい要素。
時代の流れもあって学習者は増えていますし、
入門者にとってPythonはおすすめ言語といえるでしょう。

>>Pythonの入門書籍についてはこちらで詳しく紹介しています。
(8冊紹介しています。)

【問題解決力向上】アルゴリズムおすすめ書籍

アルゴリズムとは?

問題をより単純化して解く「やり方」のことで
・プログラミングに必須の考え方である
・プログラミング以外でも役に立つ

より単純に、よりわかりやすく、より効率的に。
そんな日ごろ仕事を行っていくうえでも役に立つ物事の考え方のことをアルゴリズムといいます。

「アルゴリズム」というのは、コンピューターで計算を行うときの「計算方法」のことなんですが、広く考えれば、何か物事を行うときの「やり方」のことだと言っていいでしょう。その「やり方」を工夫して、より良いやり方を見つけよう、というのが、アルゴリズムの研究です。同じ計算を行うんだったら、いい方法でやればより速く計算できますね、ということです。

問題解決力を向上させるためには、アルゴリズムの考え方に触れるのがベストです。
アルゴリズムを学習することでより効率の良いプログラミングができるようになります。
>>アルゴリズム入門に役立つ書籍はこちらで解説しています。
(6冊紹介しています。)

【やる気アップ】天才プログラマー読み物おすすめ書籍

世界の名だたる大富豪や経営者はプログラマーが多いです。
オバマ大統領もプログラミングの習得に力を注ぐべきだと発言している程、世界でプログラミング教育は重要視されています。
日本はちょっと置いてけぼり感もありますが、そこは各自で補いましょう。
毎日遊んでいて、気がつけば時代から取り残されていたなんてことがないように。

「アップル」のスティーブ・ジョブズ
「マイクロソフト」のビルゲイツ
「アマゾン」のジェフ・ベゾズ
「フェイスブック」のマーク・ザッカーバーグ
「グーグル」のラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン
皆の共通点はプログラミングができることです。
コンピュータープログラミングを活用して世界の大富豪に成り上がった人物達と、その周辺のノンフィクションを主に取り上げています。
また、おまけとしてプログラマーが活躍するまんがや小説も紹介しています。
これを読めば学習のモチベーションが上がること間違いなし!

>>プログラマーに焦点を当てた書籍についてはこちらに詳しくまとめています。
(11冊紹介しています)

【脱入門】入門後に読むと良いおすすめ書籍

学習を更に加速してくれるおすすめ書籍を紹介します。
>>入門後に読むべきおすすめ書籍はこちらで詳しく紹介しています。
(6冊紹介しています。)

おわりに


プログラミング入門に役立つ本をまとめて紹介しました。
ぼくがプログラミングを始めた頃にこんなページがあれば良かった!
と過去の自分に教えてあげたい気分です。

気になる本があればどんどん追記していきます!

違う言語の本もどんどん追加していく予定です。
どれも役立つ本ばかりなので、
気になるページは保存して活用してくださいね!

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事