わかりやすいって超大事!

プログラミングをこれからはじめる上で大切なのは、
飽きずに続けられることです。
多くの人が続かず辞めてしまうなかで、
とにかく飽きることなく、続けていけるか。
これが全てといっても過言ではありません。
情報量も大事ですが、言葉だけで大量に情報が並んでいても、飽きてしまうだけです。
飽きずに学習を進められる本を選ぶというのも大切な要素の1つといえるでしょう。

HTML/CSSの入門書は、飽きずに続けられるわかりやすいものを選びましょう

HTML/CSSの入門は、Web上にも学習サイトがいくつもありますので、
紹介している本のなかから、1冊から2冊選べば十分でしょう。
このページではHTML/CSSの入門に役立つ本をまとめて紹介しています。

その他プログラミングの入門書を探している方はこちらを探しましょう。
>>【総合ページ】プログラミング入門におすすめの書籍をジャンル別にチェック!

スポンサーリンク

HTML/CSSとは

HTML/CSSとは?

ホームページやブログなどのWebページを作るのに欠かせない言語です。
・HTMLはWebサイトの内容を担当します。
Webページに構造的な文書を書いたり、画像を貼ったりリンクを貼ったりできるようになります。
・CSSはデザインなどの装飾を担当します。
見た目をいじる言語です。
このブログに使っている吹き出しもCSSで作れたりします。

HTML/CSSを覚えると、Webページを自分で作れるようになります。
ブログを書くだけだから、HTML/CSSは勉強しなくていいや。という方。

見た目、超大事っす。

HTML/CSSを学習して、まずは自分の作りたいページを、イメージ通りに作れるようになりましょう。これが第一段階。
さらにHTML/CSSを極めていくと、オシャレなWebサイトを見つけた際に、
自分でサイトの構造が把握できるようになります。
そしてそのオシャレなサイトをマネして自分でデザインすることもできるようになります。
(中身をパクるのはダメですよ!)
プログラミングをはじめる方なら必須ともいえる基礎中の基礎。
まずはHTML/CSSの学習からはじめていきましょう。

HTML/CSS入門におすすめの書籍

いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本 人気講師が教える本格Webサイトの書き方

講義+実習のワークショップ形式で、
実践的なWebサイトを作りながら学べる
「はじめてでも挫折しない」HTML&CSSの入門書。

なぜそうするのかを知りたい、
応用できる基礎を身に付けたい、
そんな要望に応える新しい教本です。

これからHTML/CSSを学習するはじめての方に必読の1冊。
これでもかってくらいわかりやすい解説が載っています。

手元に置いて、必要な時にチェックする参考書としても使えますよ。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

本書は4コママンガを交えて、ユーモアたっぷりにWebサイト製作の基本を初心者向けにわかりやすく解説しています。
 Webサイトを制作する前の企画の段階から、HTMLやCSSの基本、JavaScriptやPHPの概要、Webサイトの公開や、その後の運営などについても触れています。
 これからWebデザイン・Webサイト製作をはじめたい人にオススメの1冊です。

初めて学ぶときに大切なのが、飽きないこと。面白いこと。情報量もあること。
マンガはわかりやすいし面白い、そして情報量もある。全てをカバーしてくれます。

楽しいのでモチベーションが下がらない!

高校生からはじめる プログラミング

インターネットで学ぶ話題の通信制学校「N高校」が展開する、プログラミング教育メソッドを大公開! これからの時代に必須のスキル「Webプログラミング」の基礎を、名物エンジニアが丁寧に解説。

大人でも十分すぎるくらい使えます。
【基礎、導入編】でも紹介した1冊ですが、わかりやすいので再び紹介します。
高校生にプログラミングを教えている現役の講師が書いた本。
この本ではHTML/CSSを使って実際にwebページと、診断アプリを作成します。
JavaScriptの入り口まで載っていますので、HTMLを学んで、JavaScriptに進みたいと考えている人にもおすすめの1冊です。

HTML/CSS入門を終えたら読むべき一歩進んだ参考書

HTML/CSSの学習を一通り終えたら、読むべき本を紹介しています。

幅広いジャンルのWebサイトや多くの制作現場で必ずと言ってよいほど使われる基礎的・汎用的なテクニックを集め、初級者の方にもわかりやすく解説した書籍です。レイアウト、インターフェース、タイポグラフィーなど5章構成で、完成作例(サンプルとなるWebページ)をもとにしたステップバイステップ形式で説明しています。解説本文ではコーディング上のつまずきやすいポイントや、間違いやすい点への補足を随所に織り込みながらていねいに解説しました(※解説で使用している作例はダウンロードして学習用にご利用いただけます)。

学習したHTML/CSSの内容を実践で、仕事の場で使えるまでに昇華させてくれる書籍です。
実際に手を動かしながらWebページを作ってみると良いでしょう。

Webサイト制作に必須のCSSを、より便利に効率的に書けるようにパワーアップさせた「Sass」(サス)についての教科書的な解説書が登場!

・Sassって聞いたことはあるけど、導入が面倒そうという方
・Sassを始めてみたいと思っているが、今一歩踏み出せない方
・勉強コストとの天秤に掛けて、Sassのメリットがイマイチ見えてこない方
・周りでSassを使い出した人がいて、焦りを感じている方
・CSSを今よりも効率的に書きたいと思っている方

これらの方がSassを導入するきっかけとなり、ひと通りSassの機能を使いこなせるようになるのが本書の目標です。

Sassを活用すれば、CSSより短いコードで、効率的に書くことができるようになります。
CSSの学習を済ませてから読むと、すばやく理解できるはずです。

おわりに

HTML/CSSの基本を終えたら、ちょっとずつやれることが出てくるので、
学習が楽しくなってくるはずです。
初めて自分で書いたコード通りにページが表示された時は、ものすごく嬉しかったのを覚えています。
ここからさらにWebデザインの勉強を進めるも良し。
プログラミングの勉強を始めるも良しです。
ご自身の興味ある分野に取り組んでみてください。
引き続き、プログラミング言語別の学習に役立つ本を取り上げています。

>>JavaScriptのおすすめ入門書籍はこちらからどうぞ。

>>Pythonのおすすめ入門書籍はこちらからどうぞ。


>>【総合ページ】プログラミング入門におすすめの書籍をジャンル別にチェック!

スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事