Pythonはシンプルでいいぞ!

プログラミング初心者が初めて学ぶ入門言語としておすすめできるPython。
Pythonの入門書籍について詳しく紹介しています。

ディープラーニングにも使われているホットな言語Pythonを学習しよう

機械学習について興味がある方は、Python言語の基礎をやった後に取り組むとよいでしょう。
機械学習に関する本は後半部分で解説しています。
数学ができなくても大丈夫なように、数学の本も合わせて紹介しています。

このページはプログラミング入門書シリーズのPythonコーナーです。
ほかのプログラミング入門書についてはこちらにまとめてあるので参考にしてください。
>>【総合ページ】プログラミング入門におすすめの書籍をジャンル別にチェック!

スポンサーリンク

Pythonの特徴とは

Phthonの特徴は?

・言語がシンプル
・グーグルも採用している
・人工知能・AIの分野で積極的に使われている

Pythonはとにかく言語がシンプルです。
Pythonを学んだ人の書くコードはシンプルで、ほかの人にとっても読みやすいというメリットがあります。
開発を複数人数で進めていく場合、他人のコードを修正する機会も出てくるので
読みやすいコードを書くというのは必要不可欠なことです。
Pythonを学んで、そのシンプルさに慣れておくことで
ほかの言語においても間違いなく役に立つプログラマーになれることでしょう。

Python入門におすすめの書籍

Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ

【本書の概要】
Web開発やデータ分析などの分野で近年、ユーザー数が増えてきているPython。
最近では、Pythonに触れる方も多くなってきています。
本書はそうしたPython初心者の方に向けて、
簡単なサンプルを作りながら、対話形式でプログラミングのしくみを学ぶ書籍です。

【対象読者】
Pythonのついて、何も知らない超初心者

プログラミングのとっつきにくさを解消してくれる1冊。
対話形式で進んでいくので、とにかく説明が丁寧でわかりやすいです。
入門の1冊として最適。

ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング

プログラミング言語は本を読むだけではなかなか身に付きません。“いろいろなソースコードを読んで、いろいろなプログラムを書いてみる”といったプロセスが大切です。そこで、本書では前半でPythonの文法について説明し、後半で多くのサンプルを取り上げました。どのように文法が実装に落とし込まれているか見て欲しかったからです。このプロセスを継続するときに大切なのはモチベーションです。楽しくなければものごとは続きません。そこで、本書ではゲームを題材に選びました。ゲームで遊ぶのは楽しいことですが、作るのも同じように楽しいはずです。

Pythonはとにかく手を動かしながら身につけましょう。
なつかしのマインスイーパや、シューティングゲームまで、
いろいろなものが作れます。

Pythonでは「インデント」がものすごく重要です。
Kindle版ではインデントが読みづらい部分がありますので、ダウンロードできるソースコードを活用してください。

確かな力が身につくPython「超」入門

プログラミングを始めよう! Python(ぱいそん)で。

大人から子どもまで。プログラミングをはじめるならPythonで決まり!
本当の本当に、まったくの初心者でも大丈夫。画面に打ち込む最初の1文字から、
本書はトコトンやさしく付き添います。

ゼロから学習するのにおすすめの1冊です。
Pythonの入り口として学習に役立ててください。

詳細!Python 3 入門ノート

本書は今もっとも注目されているプログラム言語Python 3.6の入門書です。プログラミングを学ぶベストプラクティスはコードを読み、コードを書くことに尽きます。538本のサンプルコードと154本のPythonファイルを使って、Pythonの基礎をしっかり学び、その応用として機械学習プログラミングの扉を叩きましょう。

とにかくコードを書いて身に着けるための入門ノートです。
Python開発において役立つAnacondaについて詳しく解説されています。
Pythonを覚えて、実際に開発へと進んでいきたい人にとっては必読の1冊といえるでしょう。

Python入門を終えたら読むべき一歩進んだ参考書

Pythonは学習分野がものすごく広いです。
機械学習やディープラーニングへと進みたい人は
統計もやったほうがいいし、数学の知識も必要だし、
まだまだ学ばなければいけないことが多いです。
どの分野を学んでいくかは、自分がどの分野に興味があるのかで判断するといいでしょう。

Pythonでアプリケーション開発行いたい人向け

データ分析,Web 開発などをはじめ,さまざまな場面で利用されるPython。本書は,これからPython エンジニアになる/なりたい人のための,Pythonによる開発に業務として取り組むために必要な知識と心構え,開発の流れ,事前に準備しておきたい環境の用意などを1 冊にまとめた書籍です。Python 3系による開発の基本,文法はもちろん,スクレイピング,データ分析,Web 開発など,現在開発の現場で求められている知識と開発の流れを学ぶことができます。

Pythonを学んでアプリなどの開発へとステップアップしていきたい人のための本です。
Pythonの基本的事項からスクレイピングやアプリ開発までカバーされています。
一通り基本を学んだ人向けの1冊といえるでしょう。

Pythonで機械学習を行いたい人向け

Pythonを学ぶ方の目的といえば、やっぱり
機械学習!人工知能!ディープラーニング!
そんな方も多いはずです。
そんな人たち向けに機械学習入門書をいくつかピックアップしています。
機械学習の分野では数学が必須です。
機械学習分野で使う数学の本も取り上げてますので、
数学に自信のない方はこちらを参考にしてください。
文系の人でも、順を追って学習していけば理解できる内容になってます。
諦めずに、根気よく学習を続けていってください。

Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書

人工知能開発の分野では、機械学習(教師あり学習)を利用した開発が非常に多くなってきています。
本書は、機械学習の基礎から、Pythonのフレームワーク(scikit-learn:サイキットワーン)や
NUmPyといったライブラリを利用した開発方法について、初学者でも理解しやすいようにイラストを交えて、
丁寧に解説した書籍です。
本書では教師あり学習だけにとどまらず、教師なし学習についても触れています。

機械学習には数学分野の知識は欠かせないので、
数式が苦手という人には理解が難しいかもしれません。
できるだけ平易に書かれているので、
背伸びすれば届くでしょう。

いちばんやさしい ディープラーニング 入門教室

AI開発に必須の基礎理論をやさしく解説!
ディープラーニングの基礎を身につけよう!

本書は機械学習の一手法「ディープラーニング」の「いちばんやさしい」入門書です。

AI開発に挑戦したいという人向けの入門書です。
簡単ではないですが、これから学習をしていくためにできるだけ優しく、わかりやすく書かれています。
Pythonの学習を一通り終えてから取り組むとよいでしょう。

やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん

数学がニガテでも大丈夫! 機械学習をやさしく学ぼう

「機械学習に興味があるけど、どの本を見ても数式が出てきて、分からない・・・」

本書は、そんな方にぴったりの本です。
機械学習を勉強中のプログラマ「アヤノ」と、友達の「ミオ」の会話を通じて、楽しく学んでいきます。

機械学習の入門書で挫折した方におすすめの数学本。
会話形式で読み進められるので、文系の人でも高校数学程度の知識があれば理解できる内容になってます。
数学にあまり自信のない方や、復習をしたい方は、この本を読んでから機械学習の入門書へとステップアップしていくといいでしょう。

おわりに


Pythonの入門からはじまり、ステップアップしていける書籍を紹介しました。
こちらに載っている本を参考に学習を続けていけば必ずPythonの入門知識が身につくことでしょう。
ぜひ学習の参考にお役立てください。
>>JavaScriptの入門に役立つおすすめの本5冊

>>プログラミング入門を終えた人が読むべき本
>>【総合ページ】プログラミング入門におすすめの書籍をジャンル別にチェック!
スポンサーリンク

フォローしてください!

おすすめの記事